移転レイアウトから探す賃貸オフィスビルカタログ

株式会社KIJIN

  • WOOBO(ウーボ)0
  • WOOBO(ウーボ)1
  • WOOBO(ウーボ)2
  • WOOBO(ウーボ)0(サムネイル)
  • WOOBO(ウーボ)1(サムネイル)
  • WOOBO(ウーボ)2(サムネイル)

アピールポイント

・社会貢献にも繋がる国産杉材100%使用の木製ブース
・照明デザイナーと共同開発した「オンライン映え照明」
・業界内でもリーズナブルに導入可能

無料相談する

料金体系

参考価格
オープン価格
決済方法
買取,リース可

詳細情報

収容人数
1
特徴
消防法申請不要
サイズ
1050 x 1330 x 1830
重量
お問合せください
遮音/騒音
お問合せください
見学可能エリア
東京
消防認定
不要(※天井板を使用する場合は、建物の都合上、スプリンクラー、煙感知器等が必要な場合は別途設置する必要がある場合があります。 )
換気容量
設備
引き戸式扉。天井は開口。3つの照明(ダウンライト・デスクライト・フットライト)付き。コンセント1口、USBポート、モバイルスタンド付き。
カラー展開
無し

商品詳細

SDGs配慮商品・ウッドデザイン賞受賞 株式会社KIJINのWOOBO(ウーボ)が環境にも人にも優しい



商品紹介




今回は株式会社KIJINのWOOBO(ウーボ)で国産杉材を使用した木製の個室ワークブースで、まるで自分の部屋のような「あたたかい木箱」なのです。それは落ち着いて仕事もはかどり、ついつい仕事以外などの時間も過ごしたくなるようなウェブ会議ブースです。

そもそもWOOBOが生み出された経緯として株式会社KIJINの社長である石川氏は、

「私自身も仕事をする中で、オンライン会議をしたり、一人で集中作業をしたり、時には少し休んだり、周りの目を気にせずいられる場所の必要性を感じているところから、本製品の開発が始まりました。 様々な要素、様々な素材を考えているうちに、仕事がはかどるためにも、周りに秘密なことをする際にも、安心感ややすらぎのある空間が良いことが分かりました。その空間づくりのための、程よい素材感、サイズ、照明、余白感を目指した結果として、『仕事はかどる、秘密もできる、オフィスの木箱。WOOBO(ウーボ)』が完成しました。」と商品誕生への想いを語っています。

実際にWOOBOのコンセプトとして個室型のビジネスワークブースでありながら、ワクワクブースで、落ち着いて仕事もはかどりながら、ついつい仕事以外もしてしまいたくなる余白を持つ空間です。一人占めしたいけど、この快適さはみんなと共有して楽しみたい。子どもの頃のワクワクを思い出すような、大人の秘密基地であり続けたいと、少年時代に憧れていた隠れた基地空間の秘密感であったり、遊び心も大切にしている同社ならではの商品であると実感します。




さらにオフィスなどや小学校などの教育機関、個人で在宅ワーク用として購入されるケースまであり、導入実績の幅が広い商品です。

実際の導入事例として、プロサッカーチームの東京ヴェルディ様のクラブハウス内に導入した事例もあります。それまでクラブハウス内ではオンライン会議に適した作りになっておらず、会議室の増設も難しいため、この変化への対応が課題であったそうです。その時、木製ブースの組み立て式で設置がしやすく、場所に限りがある中でもオンライン会議用のスペースの導入が容易であり、導入に至った流れがあります。


特徴1  リラックス効果が高まり、社会貢献にも繋がる木製ブース!



WOOBOは木製の個室ワークブースであり国産杉材を100%使用しており、まるで自分の部屋にいる感覚と錯覚してしまうくらい、あたたかい雰囲気をまとった木箱なのです。約0.6畳のデスク空間には、圧迫感や狭さを感じさせず、居心地の良い空間で、ブース内の優しい木の香りでリラックス効果も高まります。さらに目への優しさや適度な音の吸収などを体感でき、木製ならではの効果が得られます。

またWOOBO は森で働く方々の環境改善、洪水や土砂崩れなどの災害防止、環境保全の活性化に貢献しており、SDGsの15番目の目標である「森の豊かさも守ろう」への貢献に直結している商品です。廃棄を減らすものづくりと言う観点からもWOOBOは意識しており、解体して組み直す事が出来るため、現在使用している場所で用途が少なくなっても、他の場所へ移動して設置する事も可能なのです。SDGsなどの観点からも資源を守り、環境に優しく配慮された商品です。


特徴2  オンライン映えで商談も印象アップな照明とデザイン性!



照明デザイナーと共同開発した「オンライン映え照明」はWOOBOの大きな特徴の一つです。照明の彩度・演色性・明るさ・角度・位置・種類と数量、様々な観点から検証しています。ボックス内におけるオンライン会議に最適な照明をデザインしており、ボックス内に、全体を照らすダウンライト、顔を照らすデスクライト、首から下を照らすフットライトの3種類の照明を配置しています。

3種類の照明を活用する事で、ムラが無く自然に映し出し、相手に明るく優しい印象を与えてくれて、ブースの壁が木製の為「木目調」が温かみを醸し出し、オンライン会議用の背景画像や専用ライトなど用意しなくても商談で相手に好印象を与える事も出来ます。

WOOBOはデザイン性も優れており、「木」に関するあらゆるモノ・コトを対象に消費者視点から優れた製品や取組に表彰されるJAPAN WOOD DESIGN AWARD 2021のライフスタイルデザイン部門でウッドデザイン賞を受賞しております。


特徴3 業界内でもリーズナブルに導入可能な個室ワークブース!



WOOBOの販売価格は49.5万円(納品設置費別途)にてご提供しています。
個室ワークブース業界の中で平均相場価格は200万円程の傾向で、非常にリーズナブルな商品であると言えます。

在宅ワークの急増やオンライン会議の発展など、わたしたちの働く環境に劇的な変化が訪れています。自宅では落ち着いて仕事ができない、オンライン会議が増えたが会議室が足りず自席で周囲に気を使いながら話をしているなど、思うようにパフォーマンスが出せないという人も少なくないと聞きます。

だからこそ同社は、そのような働く従業員を救い、さらには最適なパフォーマンスを発揮出来るようオフィス・自宅など置く事ができて、プライベート空間にも成り得る木製ワークブースをリーズナブルな価格にてご提供しています。


気になる価格は?WOOBO(ウーボ)の製品仕様