[特集]東京でおすすめ「エグゼクティブセンター京橋エドグラン」日本最高級品質

新型コロナウイルスの感染拡大によって急速に浸透した新しい生活様式「ニューノーマル」は、私たちのビジネスにも大きな変化をもたらしています。政府もテレワークを推進し、働き方やオフィス環境も大きく変わりつつあります。

数年先のビジネス環境を予想できない中で、一般的な賃貸オフィスではなくレンタルオフィスやシェアオフィスを選ぶ企業が増えていますが、オフィスを選ぶ際に重視するポイントはコロナ前と現在ではかなり変化しているようです。

その中でクライアントから高い評価を得ているプレミアムサービスオフィス「ディ・エグゼクティブ・センター」の三輪繁治さんに、高評価の理由や今後のオフィスニーズの動向、エグゼクティブセンター京橋エドグランの特徴などを伺いました。

あわせて読みたい!関連記事

エグゼクティブセンター京橋エドグランとは

エグゼクティブセンター京橋エドグラン
ー日本でも複数のレンタルオフィスを提供されていますが、エグゼクティブセンター京橋エドグランはどのようなオフィスでしょうか?ー

私たちが提供しているのは一般的なシェアオフィス・レンタルオフィスとは一線を画す「プレミアムサービスオフィス」で、エグゼクティブセンター京橋エドグランも例外ではありません。ビルのグレードをはじめ、設備や家具、スタッフのホスピタリティーに至るまで、すべてが上質です。上質さがもたらす心地よさが、他のシェアオフィスにはない洗練された空気感を醸し出しています。ここに来れば、「さぁ、良い仕事をしよう」というモチベーションが自然と高まるはずです。見ていただくと「あぁ、そういうことか」とすぐにお分かりいただけるでしょう。
弊社の特性はプレミアムであるという点だけではなく、弊社のもう一つのバリューである「フレックスオフィス」、つまりお客様のビジネス環境の変化に合わせて極めてクイックにオフィスという大な固定費(しかも本来は何も生みださない)をフレキシブルな契約形態にて年単位で変動費化させられる、という点にもぜひご注目いただきたいと思います。契約的にアドバンテージがあるだけでは働かれる方のモチベーションアップなど見えないバリューは生まれないかと思います。

その点、特にエグゼクティブセンター京橋エドグランは、ロケーションも最高です。他の路線との接続が良好な銀座線京橋駅に直結しており、東京や日本の心臓部である東京駅からも徒歩5分です。交通アクセスの利便性だけを取っても価値あるセンターではないかと思います。京橋エドグランは、災害時には避難所として使えるほど高い耐震性能を誇ります。また、江戸時代からの歴史ある京橋にあることから、ビルには和テイストがちりばめられており、外資系企業様や海外からのお客様にも大変ご好評をいただいております。

エグゼクティブセンター京橋エドグラン 和テイスト
ーオープンしたのはいつですか?ー
2019年です。オープンは私が入社する少し前だったので、よく覚えています。
ーなぜ京橋に拠点をつくろうとしましたか?ー

オープンした頃、東京駅周辺エリアには丸の内アドレス以外にSクラスビルのシェアオフィスがありませんでした。すでに丸の内側には新丸の内センタービルに弊社の拠点があったのですが、銀座や日本橋に近い八重洲側のCBD(センタービジネスディストリクト、「ビジネスの中心街」の意)エリアにおけるシェアオフィスの需要拡大を受けて、京橋エドグランにも拠点を構えることにしました。

あわせて読みたい!関連記事

エグゼクティブセンター京橋エドグランのおすすめポイント

ーエグゼクティブセンター京橋エドグランはどのような特徴がありますか?おすすめするポイントを3つ教えてください。ー

「アクセスの良さ」「東京駅エリア」「ビルグレード」ですね。京橋は東京駅至近の好立地であり、ビジネスで東京を訪れる人々にとって非常に効率が良く便利な場所です。日本橋や銀座など、昔からある商業エリアにも近いため、お客様のご接待や、従業員の方が休息時間や業務後、買い物やお食事を楽しまれたりするのにも最適なロケーションです。東京駅から徒歩5分なので、東京に本社を持たない企業様のサテライトオフィスとしても便利にお使いいただけます。

京橋は日本屈指のCBDエリアでアクセシビリティが高く、取引先への訪問時やお客様の来訪時に大変便利です。京橋には歴史あるお店も多く、その中でも京橋エドグランはランドマーク的存在です。タクシーで「京橋の明治屋が入っているビル」といえば、すぐに伝わります。タクシー移動の際に、説明のストレスがないのは、Sクラスビルであるランドマークのメリットです。もちろん急ぎのご移動の際も、エドグラン前から、すぐにタクシーを拾っていただけるメリットもございます。京橋駅直結・東京駅徒歩5分と相まってビジネスの機動力という点では丸の内や大手町以上に最高の立地です。

エグゼクティブセンター京橋エドグランビル
アクセス:東京駅 徒歩8分、有楽町駅 徒歩8分、八丁堀(東京都)駅 徒歩10分、
日本橋(東京都)駅 徒歩8分、京橋(東京都)駅 徒歩1分、銀座駅 徒歩10分、
銀座一丁目駅 徒歩5分、宝町(東京都)駅 徒歩3分
住所:東京都渋谷区神宮前1-5-8 神宮前タワービルディング12F、13F、14F

詳細・料金を見る

資料請求・内見申込(無料)

≪期間限定!今だけの特別キャンペーン実施中≫

あわせて読みたい!関連記事

京橋エドグランを選ぶメリット

ー一般的な賃貸オフィスではなく、エグゼクティブセンター京橋エドグランを選ぶメリットは何でしょうか?ー

そもそも、一般賃貸で京橋エドグランに入居するのは非常にハードルが高いです。ビルグレードはSクラスであり、賃料も決して安くありません。その上、億単位の初期費用がかかります。

エグゼクティブセンターと一般的な賃貸物件の初期費用比較表
(30名様利用ケースでBクラスオフィスビルを借りた場合との比較, 36ヶ月)
一般賃貸オフィス エグゼクティブセンター
利用人数 30名 30名
契約期間 36ヶ月 36ヶ月
定価 ¥4,500,000
坪数 100
坪単価 ¥25,000
賃料 ¥2,500.000
保証金 ¥30,000,000 ※12ヶ月分 9,000,000 ※2ヶ月分
契約時費用差額 -21,000,000

エグゼクティブセンター京橋エドグランを選ぶ最大のメリットは、初期費用を抑えられることですね。一般賃貸ですと保証金は賃料の12ヶ月が相場で、最低区画は200~300坪。京橋エリアでは、保証金だけで1億円を超えます。保証金は預り金なので償却分以外は返還されるとはいえ、多額の資金が数年間ロックされるのは、大きな痛手です。一方、エグゼクティブセンター京橋エドグランでは賃料の2ヶ月分で済みますから、キャッシュフローに与える影響は雲泥の差です。
エグゼクティブセンター京橋エドグランでは他社の1.5~2倍の内装費をかけていますが、同等の内装のオフィスを一般賃貸で用意しようと思うと、多額のコストがかかるだけでなく人的コストも膨大になります。しかも、移転時に内装は持っていくことができません。その点で内装や家具などを用意する必要がないことは、大きなメリットです。内装が無駄にならないことは、SDGsの観点でも評価できるポイントだと思います。3~5年のコストシミュレーションにおいても、一般賃貸に比べてエグゼクティブセンターは圧倒的にコスパが高いです。

あわせて読みたい!関連記事

一般賃貸オフィスは良いグレードのビルになればなるほど5年や3年などの期間に縛りがある定期借家契約が多いのですが、エグゼクティブセンターは1年単位で契約を見直せることもメリットです。コロナの再拡大も懸念されており、1年後のビジネス環境は誰も予測できない状況です。リモートワークがさらに広がり、10人用のオフィスを用意しても実際は5人しか使わないということもあるでしょう。
また、あらゆることが不確実な時代に企業様の業績がずっと右肩上がりで成長するとは限らないので、3~5年間同じ広さのオフィスを使い続けること自体、現実的ではありません。逆に2~3年目で業績が大きく伸びて、一気に人が増えることも考えられます。一般賃貸だと追加で別のフロアを借りるといった対応しかできませんし、それには多大な工数が別途かかります。外的環境が不確実性を増す中、例えば20人用から10人用へと機動的にオフィスのサイズを変えられることは、大きなメリットです。これを一般賃貸でやろうと思うと、費用だけでなく人的リソースも取られます。オフィスの移転それ自体は基本的に付加価値を生むものではないのに、多額の費用や膨大な手間・時間をかけるのは、もったいないです。そのお金や時間、工数を付加価値を生むものに投じれば、より売上や利益を獲得できます。

良いグレードのビル

退去時、数日あれば原状回復が完了するのもメリットといえます。一般賃貸では原状回復に約1ヶ月かかるため、最後1ヶ月はオフィスを使えないのに賃料を支払うことになります。他社のシェアオフィス様では退去時に清掃を行うだけのところが多いようですが、エグゼクティブセンターでは次のお客様に気持ち良く使ってもらえるように壁をすべて張り替えます。しかも、原状回復費用は見積りによっても変動しますが、最大でも賃料1ヶ月分程度です。一般賃貸の退去時費用は少なくとも坪10万円以上なので、ここにも大きな差がありますね。

京橋エドグランに入っているのは、ハイクラスの企業様ばかりです。そこで働く方のレベルもハイクラスであり、働く方のモチベーションがまったく違いますね。仕事のパフォーマンスや成長は環境によるところが大きいといいますが、それもエグゼクティブセンター京橋エドグランを選ぶメリットではないでしょうか。

ー京橋エドグランにはどのような企業のオフィスが入居されていますか?ー

外資系のIT企業や金融のお客様が多いですね。誰もが知る世界的に有名なIT企業様もご入居されていらっしゃいます。日本企業では不動産会社や法律事務所、監査法人、人材派遣会社様などですね。働いている方は外国人の方も多く、それがSクラスのビルの雰囲気とマッチしてハイレベルな空気感を醸し出しています。

ー京橋エドグランのビル内の施設は何がありますか?ー
京橋エドグラン外観

コンビニはセブンイレブンとローソンが入っています。22階には貸ホール・貸カンファレンスルームのTKP様がありますね。飲食店はカフェやバー、日本そば、寿司、和食、中華、焼肉・ステーキ、イタリアン、タイ料理と非常に豊富です。パティシェの鎧塚 俊彦さんの「トシ・ヨロイヅカ 東京」も入っているので、オシャレな手土産をビル内で調達できます。その他、クリニックや鍼灸マッサージ、花屋、ヘアサロン、明治屋京橋ストアーもあるので、とても便利です。

エグゼクティブセンター京橋エドグランの部屋タイプ

ー京橋エドグランにはどのようなタイプの部屋がありますか?ー

オフィスは2人用から35人用まで、豊富なバリエーションをご用意しております。その他に広いコワーキングスペースや会議室が3室、防音性が高い電話ブース席も複数あります。

京橋エドグランが真のエグゼクティブオフィスと評価されている理由

京橋エドグランが真のエグゼクティブオフィスと評価されている理由
ー京橋エドグランが日本で最高級のオフィスと言われている理由を教えて下さい。ー

お客様の声で多いのは、施設の良さもさることながら「秘書スタッフの質が非常に高い」「いつも本当に良くしてもらっている」ということですね。秘書スタッフは全員バイリンガルで、外国人のお客様対応もまったく問題ありません。秘書スタッフは航空会社をはじめとするホスピタリティ業界出身者がほとんどですが、入社後も頻繁に研修を実施し、クオリティの維持向上に努めております。
エグゼクティブセンター京橋エドグランはロケーションや設備、家具も自慢ですが、「秘書スタッフのクオリティが高いことは、お客様にとって最も重要なバリューである」ということを改めて感じますね。
お客様と日々接してゲストからのお電話やご来訪の際お客様の企業の顔となる秘書スタッフは、ある意味サービスオフィスの最もコアなバリューの一つで、このクオリティが高いことは他社様には実現できない、弊社をご利用される大きなメリットです。

繰り返しになりますが、銀座線京橋駅直結で東京駅から徒歩5分という至高の利便性や、銀座・京橋・日本橋地区のランドマークかつ築浅のSクラスビルであることも高評価の理由でしょう。地方からお越しになったお客様からも「東京駅が近くて便利」という声をよくいただきます。

その他、世界の一流外資系企業の高いニーズに耐え得る強固なセキュリティ・ITインフラや、22階にフラッパーゲート(セキュリティゲート)を備えた最高級のビルセキュリティもエグゼクティブセンターならではのメリットです。窓側のオフィスからは丸の内のビル群や皇居、日比谷公園、東京湾、レインボーブリッジ、東京タワーなどもよく見えます。ご利用者様の属性も高く、センター内の雰囲気が良いことも自慢です。

京橋エドグランが日本で最高級のオフィス
ー企業が最高級オフィスを選択するメリットは何でしょうか?ー

「名刺の会社所在地が京橋エドグランだと対外的なインパクトがある」という声をいただくことがあります。初対面の方と名刺交換をする時は会社の場所が話題になることが多いですが、オフィスが東京を代表するランドマークビルにあると一気にアイスブレイクが進み、その後のコミュニケーションが円滑になるようです。ビル名自体が持つ機能ということですね。

しかし最大のメリットは、業務に集中できるので仕事のクオリティが上がることでしょう。ロケーションや設備・家具、スタッフが高級であることはセールスポイントですが、単にそれらを提供するだけでなく、その先にある本当の価値をお客様に提供することをいつも念頭に置いています。表面上の豪華さ・高級さではなく、価値あるワーク環境を提供することが私たちの使命であると考えています。

ーセキュリティが高いことによるメリットは何ですか?ー

見知らぬ人とオフィスを共有することはシェアオフィスにおける心理的ハードルですが、エグゼクティブセンター京橋エドグランには3重のセキュリティがあるため、安心してご利用いただけます。まず、22階のフラッパーゲートでセキュリティカードをかざします。26階に上がって受付を通過し(18時以降は受付スタッフがいないため、エントランスで再度カードかざします)、さらにオフィスに入る時にオフィスカードをかざします。

セキュリティ体制が万全なので、PマークやISOを取得する企業様でも安心してご利用いただけます。「今のオフィスに置いているサーバーを持ち込みたい」という企業様もいらっしゃいますが、1ユニット1万数千円の費用で対応していまし、VPNやグローバルIPアドレスなどのニーズにもオプションサービスで対応可能です。エグゼクティブセンターにはITチームがあり、マネージャーとスタッフが常駐していますので、お客様も安心してITインフラをご利用いただけます。

デリケートな情報を取り扱う法律事務所様や監査法人様、人材派遣会社様は入退室やIT面のセキュリティだけでなく、防音対策も必須です。エグゼクティブセンター京橋エドグランの会議室はサウンドマスキングの施設が備えられ隣の音が聞こえにくく設計されており、個々のプライベートオフィスは壁厚が12センチで、防音材(グラスウール)を他のシェアオフィス様の倍の量密度のものを使用していますので、非常に高い防音性を誇ります。シェアオフィス選びで盲点になりがちなのは、「部屋がコンパクトになるほど隣の音が聞こえやすくなる」ことです。高級シェアオフィスといわれるところでも、隣の音がよく聞こえる部屋があるので注意してください。エグゼクティブセンター京橋エドグランの少人数用オフィスの天井(欄間)は、解放感を持たせるためにガラス張りになっていますが、こちらも2重ガラスで防音性を担保しています。

ーどういう企業に京橋エドグランを使って頂きたいですか?ー

交通アクセスを重視する企業様や、好立地や高いビルグレードで自社のブランド価値を高めたい企業様、オフィス環境によってスタッフのモチベーションを高めたい企業様におすすめです。エグゼクティブセンター京橋エドグランに限りませんが、エグゼクティブセンターのオフィスは「ハイグレードなオフィスで質の高い仕事をし、それによって大きく成長したい」という企業様に、ぜひご利用いただきたいですね。

エグゼクティブセンター京橋エドグランの設備サービス

日本最高級品質のエグゼクティブセンター京橋エドグランの設備についてご紹介させていただきます。


受付

受付

秘書スタッフは、航空業界や外資系ホテルはじめとするホスピタリティー業界出身者がほとんどで、全員がバイリンガルです。多くのお客様に高い評価をいただいている、エグゼクティブセンター京橋エドグランのアイデンティティであると自負しています


オフィス

オフィス

オフィスは32部屋あり、総席数は300席です。


会議室

会議室

会議室は、6~8人用が3部屋あります。うち2部屋は隣同士なので、間仕切りを取れば12~16人用になります。


バリスタバー

バリスタバー

共有エリアにあるバリスタバーでは、イタリアのサンマルコ社製の高級エスプレッソマシン(1台数百万円)を使って、一定期間トレーニング受けたバリスタが極上のコーヒーやエスプレッソを提供しています。アイスカフェラテなどの冷たいメニューもあるので、暑い季節でもお楽しみいただけます。


コワーキングスペース

コワーキングスペース

打ち合わせ用のブース席が3つ、商談に最適なテーブル席が4つあります。その他にイギリスの高級ハンドクラフトレザーメーカー、ティモシー・オールトンの本革張りソファーを置いたスぺ―スもあるので、そこでお客様とリラックスしながら商談やお打ち合わせが可能です。


フォンブース

フォンブース

他社シェアオフィスのフォンブースは狭くて居心地の悪いものもありますが、エグゼクティブセンター京橋エドグランのフォンブースは広く、机も設置しているので非常に快適です。完全防音なので、機密性の高い電話やWEB会議にも最適。このようにリラックスできるフォンブースは、意外と少ないです。


複合機スペース

複合機スペース

基本機能を網羅した複合機とシュレッダーを設置しています。


サーバールーム

自社サーバーを持ち込んで利用される企業様のためにサーバールームを用意しています。ラック貸しで、サーバーのスペース分をお支払いいただく形です。

京橋のエリア特性

京橋のエリア特性
ー京橋エドグランがある周辺エリアをご紹介いただけますか?ー

江戸時代からの古い街並みの雰囲気が残るエリアで、飲食店もたくさんあります。その中で京橋エドグランは明治屋が入っていることからもビル自体がカルチュラルで、それが京橋の文化圏形成に大きく貢献しています。花屋をはじめさまざまなショップもあり、ビルのエントランスにはソファが設置されたオープンスペースも豊富です。さまざまな要素が人を惹きつけ、人々が憩うこのビルがあることも京橋エリアの大きな魅力ではないでしょうか。

ー京橋でビジネスをするのに有利なことはありますか?ー

京橋は東京駅エリアのど真ん中にあり、交通アクセスが最高レベルです。地下鉄にもすぐ乗れるので、自然とフットワークが軽くなるでしょう。CBDエリアをはじめ、どこへでも行きやすいのが最大のメリットです。「東京駅から徒歩5分」はリクルーティングにおいても大きな武器になります。より広いエリアから優秀な人材を採用できるなど、人を引き寄せる魅力あることが京橋にビジネス拠点を持つことの優位性ですね。

まとめ

政府が推進する働き方改革に加えて、1年半以上続く新型コロナウイルスの感染拡大などによって、オフィスのあり方や企業がオフィスに求めるものが変わりつつあります。オフィスの新設や移転を検討している方は、オフィスニーズの変化を把握した上で、その時々のビジネスの規模や状況に臨機応変に対応できるオフィスを選ぶことが大切です。今回の収穫は「成長する企業はオフィス環境への投資を惜しまない」という教訓を得たことです。

取材協力

ディ・エグゼクティブ・センター・ジャパン株式会社
〒100-6162 東京都千代田区永田町2-11-1
https://www.executivecentre.com/

ディ・エグゼクティブ・センター・ジャパン株式会社 ジェネラルマネージャー三輪繁治様

三輪 繁治様
ディ・エグゼクティブ・センター・ジャパン株式会社 ジェネラルマネージャー

早稲田大学商学部卒、ロンドン大学ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス・アンド・ポリティカル・サイエンスマネジメント研究科修士。通信社やEUの電子商取引プロジェクト、日系ゲーム会社欧州法人経営企画部長などを経て、他の外資系シェアオフィス企業で8年間勤務、中部・京都地区マーケットを担当し、売上を10倍以上に成長させる。2019年よりディ・エグゼクティブ・センター・ジャパン株式会社にジェネラルマネージャーとして勤務、横浜みなとみらいの立ち上げを担当し、オープンからわずか10か月で満室稼働を達成。